3月23~25日 国会活動ほか

写真:予算委員会(参議院)
新人議員は応援&勉強で参加します。「自民党・国民の声」会派から佐藤正久先生、磯﨑仁彦先生の質問でした。

 

3月23~25日の国会活動を、写真を中心にご報告いたします。
なお、写真はありませんが、23日に新設した内閣官房の「新型コロナウイルス感染症対策推進室」の室長に樽見英樹 厚労省医薬・生活衛生局長が就任されました。
感染症対策では、国民の理解、自治体との連携が大変重要となります。
国民へのわかりやすい正確な情報提供や、都道府県との連携に樽見室長が尽力されます。

 

写真★2_IMG_2678

「西村康稔経済再生大臣への提言申し入れ」
新型コロナイウイルス感染症対策 医療系議員・アドバイザリボード(議連)。
カトレア会の議員にもお声がけいただきました。提言の内容は、
・日本版CDCの創設
・医療提供体制・医療崩壊を防ぐために新たな基金の創設
・医療の休業補償
・衛生資材の確実な供給(医療機関等や介護施設等)
・集団免疫戦略獲得のめの戦略
等です。

 

日本医療政策機構主催の勉強会
「抗生物質がない?どうする?~感染症から国民を守る産業育成政策とは~」
こうした勉強会こそ大切にしたいと強く思いました。

 

「厚生労働部会 薬事に関する小委員会」
松本純先生が委員長を務めておられます。改正薬機法の施行とオンライン服薬指導についてが議題でした。

 

「外国人労働者特別委員会」
新型コロナウイルス感染症は技能実習生の分野にも大きく影響しており議題にのぼりました。
また、介護分野における外国人材の活用等についてのヒアリングもありました。

 

薬剤師の田口真穂先生、石原千春先生がご来館。
医療用麻薬携帯輸出制度に伴う、医療用麻薬、向精神薬についての広報活動について、お話を伺いました。
詳細は別の投稿としてまとめたいと思います。
※参考:日本薬学会「医療用麻薬について」
https://www.pharm.or.jp/mame/20150102.shtml

 

日本薬剤師連盟 定時評議員会において「神谷政幸(かみやまさゆき)」氏が組織内統一候補者として決定しました。
山本会長、岩本幹事長と共に、神谷先生が来館され、しっかり握手!これから私のブログにもたびたび登場されます!
https://yakuren.jp/

  • ツイートする
  • facebookでシェアする
  • Hatenaでブックマークする
  • LINEで送る